Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
条件分岐ifの公式3

条件分岐ifの公式3

この章でもif文について説明します。 「条件分岐ifの公式2」の応用で、条件式が複数ある場合、つまり細かい条件を設定したい場合にはelifを使います。 今までのif文は条件に合うか合わないかを判断するのみのプログラムでしたが、条件1に合うか、もしくは条件2に合うか、どちらにも合わないか、と言うような条件の複数指定の場合...

条件分岐ifの公式2

条件分岐ifの公式2

この章でもif文について説明します。 条件式がfalseである場合でもif文を実行したい時にはelseを使います。 つまりelseを付け加えることにより条件式が条件を満たしてない時にif文の中身を実行させることができます。 では例をみてみましょう。 このようにelseを付け加えることにより、条件式がfalseのときに(...

条件分岐ifの公式3

条件分岐ifの公式3

この章でも条件分岐について説明します。 「条件分岐ifの公式2」の応用で、条件式を細かく設定したい場合にはelsifを使います。 ここまでのif文は条件に合うか合わないかを判断するのみのif文でしたが、elsifは条件1に合うか、もしくは条件2に合うか、どちらにも合わないかというような条件の複数指定をすることができます...

条件分岐ifの公式2

条件分岐ifの公式2

この章でも条件分岐について説明します。 前の章のif文では条件式がfalseであればif文は実行されませんでした。 そこで、条件式がfalseの場合にもif文を実行したい場合にはelseを使います。 では例をみてみましょう。 このようにelseを付け加えることにより条件式がfalseのとき(条件を満たしてない)にif文...

if文について理解しよう。if文の基本構文2

if文について理解しよう。if文の基本構文2

この章では「if-else」について説明します。 ifの基本構文1では条件式がFALSEの場合にはif文の中は無視されて何の処理も行われませんでした。 そこで、その条件式がFALSEの場合にも、何かしらの処理がしたい場合があると思います。 そのような時に用いるのが「if-else」です。 では例をみてみましょう。 次の...

if文について理解しよう。if文の基本構文3

if文について理解しよう。if文の基本構文3

この章でもif文について説明します。 if文の基本構文2の応用で、条件式が複数ある場合は(つまり細かい条件を設定したい場合)、を使います。 このif文は条件1がFALSEならば条件式2、条件式2もFALSEならば条件式3, 条件式3もFALSEならばelseの実行文というような条件の複数指定のif文です。 具体的には、...

if文について理解しよう。if文の基本構文2

if文について理解しよう。if文の基本構文2

この章でもif文について説明します。 ifの基本構文1では条件式がFALSEの場合にはif文の中は無視されて何の処理も行われません。 そこで、条件式がFALSEの場合にも何かしらの処理を実行したい時に使用するのがです。 では例をみてみましょう。 「wallet=15000;」は財布に15000円入っていると言う意味です...

条件分岐ifの基本構文2

条件分岐ifの基本構文2

この章でも条件分岐について説明します。 「条件分岐ifの基本構文1」ではfalseであるならばif文は実行されませんでしたが、条件式がfalseである場合にもif文を実行したい場合にはelseを使います。 つまりelseを付け加えることにより条件式1がfalseのとき(条件を満たしてない)に、elseのブロックを実行す...

if文について知ろう3

if文について知ろう3

この章でもif文について説明します。 条件式が複数ある場合、つまり細かい条件を設定したい場合にはを使います。 これまでのif文は条件に合うか合わないかを判断するのみのプログラムでしたが、条件1に合うか、もしくは条件2に合うか、どちらにも合わないかというような条件の複数指定ができるのがです。 具体的には、次のような書式に...

if文について知ろう2

if文について知ろう2

この章でもif文について説明します。 「if文について知ろう1」ではFALSEである場合はif文は実行されませんでしたが、条件式がFALSEである場合にもif文を実行させたい場合は、elseを使います。 つまりelseを付け加えることにより、条件式がFALSEのときにelse以下のブロックを実行させることが出来ます。 ...

Return Top