Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文について知ろう3

広告

この章でもif文について説明します。
条件式が複数ある場合、つまり細かい条件を設定したい場合には1を使います。
これまでのif文は条件に合うか合わないかを判断するのみのプログラムでしたが、条件1に合うか、もしくは条件2に合うか、どちらにも合わないかというような条件の複数指定ができるのが1です。
具体的には、次のような書式になります。11 なお、else if (条件) はいくつでも指定することができます。
では例をみてみましょう。1 この例ではaとbは同じ値ですので、else以下が実行されます。
結果は「同じ」を出力します。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top