Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

論理演算子について知ろう

広告

この章では論理演算子について説明します。
前の章でif文について説明しましたが、論理演算子は条件式をもっと細かく表現したい時に使用します。
では例を見てみましょう。1 上の例は論理演算子「&&」を使った例です。
「&&」は英語のandと同じ意味ですので、この例の条件式はnumber1とnumber2が同じで、さらにnumber1はnumber3より大きいという意味です。
「&&」は「&&」を挟んだ両辺の条件式が2つともTRUEの場合のみ全体の条件式がTRUEとなります
補足ですが、紙面の都合で条件式を2行で書いていますが1行で書いていただいても結構です。
結果は「TRUEです」です。

その他の論理演算子について説明します。
「||」は「||」を挟んだ左右の値のどちらか一方がTRUEの場合に条件式がTRUEとなります。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top