Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文について理解しよう。if文の基本構文2

広告

この章でもif文について説明します。
ifの基本構文1では条件式がFALSEの場合にはif文の中は無視されて何の処理も行われません。
そこで、条件式がFALSEの場合にも何かしらの処理を実行したい時に使用するのが1です。1 では例をみてみましょう。1 「wallet=15000;」は財布に15000円入っていると言う意味です。
そして条件式は「財布に入っているお金が10000より少ないのならば」と言う意味なのですが、財布には15000円入っているので、条件式はFALSEです。
FALSEなので「条件式がFALSEのときに実行される文;」つまり1が実行されます。
もう1つ例を挙げます。1 ユーザーに入力させたaとbの値が同じ数値、つまりTRUEであるならば1を実行します。
ユーザーに入力させたaとbの値が違う数値、つまりFALSEであるならば1を実行します。
例えば45を2回入力した場合の結果は以下の通りです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top