Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文について理解しよう。if文の基本構文1

広告

この章ではif文について説明します。
if文はどのような時に使われるのかを日常生活の場面で説明します。
例えば、「もし、今日財布にお金が10000円あったらフランス料理にして、20000円あったら中華料理にする」などの選択を繰り返して人は生きていますが、プログラムでもこのような表現ができるのです。
このように条件によって表現を変えることを条件分岐と言います。
条件分岐にはifを使用します。111 条件式は条件を満たしていればTRUEを返し、条件を満たしていないならばFALSEを返します。
そして、TRUEの時にブロックの中の文が実行されます。
TRUEは「真」
FALSEは偽」
とも言います。
次の例でTRUEやFALSEについて説明します。1 条件式には比較演算子の「>」を使用していますが、常識的に考えて5は2より大きいですので、条件を満たしていると考えるのです。
これがTRUEです。
TRUEですので1 が実行されます。
では以下のif文は条件を満たしているでしょうか?1 2は5より大きくないので条件を満たしていません。
これがFALSEです。
FALSEの場合は1が実行されません。
つまり、何も実行されないので何も表示されません。
次は比較演算子の中から「= =」を使います。1 aとbの値が等しい場合にTRUEになります。
aとbの値が等しい場合にTRUEになりますので、この例では「aとbは等しい」が出力されます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top