Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Numericクラスについて知ろう

Numericクラスについて知ろう

この章ではNumericクラスについて説明します。 今まではクラスの作り方を説明してきましたが、Rubyにはあらかじめ定義されたクラスが存在します。 例えばNumericクラス、Stringクラス、Arrayクラス、Hashクラス、Timeクラス、Dateクラスなどがありますが、これらを一つずつ説明していきます。 初め...

if文で占いを作ろう

if文で占いを作ろう

この章では今まで説明してきたif文と配列を使って、占いプログラムを作ります。 では例をみてみましょう。 resultは大吉から大凶までの要素を持つ配列になっています。 answerには0から6までのランダムな数が入ります。 ランダムな数を得るにはrandメソッドを使います(メソッドの意味については「メソッドについて知ろ...

switch文で占いを判定しよう

switch文で占いを判定しよう

この章ではswitch文で占いを作成します。 占いは毎回同じ判定では変なので、結果はランダムになるようにします。 初めにランダムな数をransuuに入れるのですが、このランダムな数を生成するにはrand関数を使用します。 rand関数は0か32767までの数字の中でランダムな数を返しますが、範囲を限定したい場合には例え...

計算プログラムを作ろう

計算プログラムを作ろう

この章では足し算の練習プログラムを作成します。 問題を5問解いて、正解数をカウントします。  例えば以下のプログラムを実行すると「14958」などの乱数を出力します。 範囲を限定したい場合には例えばと書きますと1から6までのなかでランダムな数を返すようになります。 この例であれば1から50までのランダムな数を返します。...

switch文で占いを判定しよう

switch文で占いを判定しよう

この章ではswitch文で占いを作成します。占いは毎回同じ判定ではなく、結果はランダムになるようにします。 初めにランダムな数をransuuに入れるのですが、このランダムな数を生成するにはrand関数を使用します。 rand関数を使うためには文頭でと書かなくてはいけませんので注意してください。 rand関数は0か327...

計算プログラムを作ろう

計算プログラムを作ろう

この章では足し算の練習プログラムを作成します。 問題を5問解いて、正解数をカウントします。  次は初めのfor文の中を説明します。 =>rand関数は乱数を返します(関数については「関数について知ろう」でします。)。 計算をするのに毎回違う数を使いたいのでrand関数を使います。 具体的には0から32767までの...

文字列に関する関数を知ろう

文字列に関する関数を知ろう

この章では文字列に関する関数について説明します。 先ほど配列に関する関数を説明しましたが、今度は文字列を操作する関数について説明します。 substr関数は指定した文字列の中の一部分を取得したり、文字列の一部を他の文字列に置換します。 第1引数は対象となる文字列を指定し、第2引数は文字列の中の開始位置を指定し、第3引数...

Return Top