Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
関数を使って星座は判定をしよう

関数を使って星座は判定をしよう

この章では関数で星座の判定を作成します。 この例は星座の判定をjudge関数に任せています。 このように判定の部分を関数で作成することでコンパクトになり、プログラムがすっきりします。 では説明を始めます。 ここでユーザーにデータを入力させます。 ユーザーに入力をさせる関数はraw_input関数です。 「文字列」には画...

関数について知ろう2

関数について知ろう2

この章では関数について説明します。 関数とは引数と言うデータを受け取って、ある一定の処理を行い、戻り値を呼び出し元に返す命令のことを言います。 引数とは関数を実行するときに関数で使われるバラメータ(データ)のことを言います。 戻り値とは、関数を実行した結果、返される値です。 この章以前のint関数のような関数は組み込み...

関数について知ろう1

関数について知ろう1

前の章でややなどについて説明しましたが、これらは関数と呼ばれています。 関数とは入力したデータ(引数)に基づいて 決められた処理を行い、戻り値という結果を返す機能を持っています。 エクセルをご存知の方はわかると思いますが、エクセル関数にSUMと言う関数が有ります。 この関数は指定した範囲のデータに基づいて足し算を行う関...

関数で星座判定を作ってみよう

関数で星座判定を作ってみよう

「if文で星座の判定をしよう」の章ではif文で星座判定のプログラムを作成しましたが、これを関数を使って書き換えてみましょう。 この例にはポインタ、2次元配列、関数、グローバル変数が含まれていますので、理解を深めてください。 では例をみてみましょう。 例えばmonthに1が入り、dayに19が入っているとします。 そうす...

関数に関してのC言語との違い

関数に関してのC言語との違い

「関数について知ろう」の章では関数について説明しましたが、この章ではC言語にはない関数の使い方について説明します。 C++では関数プロトタイプ宣言で、デフォルト引数(あらかじめ決められている値)を設定することが出来ます。 つまり、関数プロトタイプ宣言で、デフォルト引数を設定すると、関数を呼び出すときの実引数を省略できま...

関数のプロトタイプ宣言を知ろう

関数のプロトタイプ宣言を知ろう

この章では関数のプロトタイプ宣言について説明します。 と書きましたが、関数のプロトタイプ宣言をすることで、このような制約は無くなります。 つまり関数の定義(以下の例ではhello関数)は関数の呼び出しよりも後に定義することが出来るということです。 では例をみてみましょう。 関数のプロトタイプ宣言は関数よりも前に宣言しま...

関数について知ろう

関数について知ろう

関数の仕組みはエクセルの関数の仕組みと意味は同じです。 エクセルをご存知の方はわかると思いますが、エクセル関数にSUMと言う関数が有りますが、この関数は指定した範囲のデータに基づいて足し算を行う関数です。 例えば指定した範囲のデータが「3,5,7」(引数)であるならば結果は「15」です。 SUMには初めから指定した範囲...

C++の基礎を知ろう1

C++の基礎を知ろう1

この章ではC++の基礎について説明していきます。 このプログラムを実行しますと「Hello」と出力されますが、出力させるためにはという記述が必要です。 はデータを出力させる機能を持っています。 「std::cout」を機能させるためにはその機能を定義したファイルが必要ですので、そのファイルが「iostream」というフ...

関数について知ろう3

関数について知ろう3

この章では関数の定義の3つ目である「関数リテラルで定義」について説明します。 初めに先ほど説明した「関数の定義の基本構文1」で作成した例を見てみましょう。 これを「関数リテラルで関数を定義」する方法で書き直してみると以下のようになります。 関数はデータ型であり、配列リテラルと同じように関数も関数リテラルで記述することが...

関数について知ろう2

関数について知ろう2

この章では関数の定義の2つ目である「Functionで定義」について説明します。 初めに先ほど説明した「関数の定義の基本構文1」で作成した例を見てみましょう。 これを「Functionで定義」する方法で書き直してみると以下のようになります(変数の値は違います)。これはFunctionオブジェクトを使った関数の定義です。...

Return Top