Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文で星座の判定をしよう

広告

この章ではif文で星座の判定のプログラムを作成します。
scanfでユーザーに誕生月と誕生日を入力させて、それに対して星座を出力させるプログラムです。
少し長いプログラムですが、if文が連なっているだけです。1111111111111 ここで使っているif文は入れ子になっています。
つまり、if文の中にif文が入っている構造になっています。
この例では初めにmonthの数値が1から12までのどの数値なのかを1以下の条件式で確認します。
次に2つ目のif文でdayの数値により星座の分別を行います。
2つ目の条件式は2つの星座の日付を扱っているので1という形式で書きます。
例えばMonthが1であれば山羊座か水瓶座なので、dayが18であれば山羊座になります。
また、dayの値が31を超えていれば1が出力されます。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top