関数を使って星座は判定をしよう

関数を使って星座は判定をしよう

この章では関数で星座の判定を作成します。 この例は星座の判定をjudge関数に任せています。 このように判定の部分を関数で作成することでコンパクトになり、プログラムがすっきりします。 では説明を始めます。 ここでユーザーにデータを入力させます。 ユーザーに入力をさせる関数はraw_input関数です。 「文字列」には画...

自動計算プログラムを作ろう

自動計算プログラムを作ろう

この章では自動計算プログラムを作ります。このプログラムではリスト、while、if文が出てきますので、これらの使い方のイメージを掴んでください。 このプログラムでは5問の計算を行うプログラムです。 最後に5問中いくつ正解したのか正解数を表示して終了になります。 では先頭から説明します。 この箇所ではリストを2つ作成して...

breakについて知ろう

breakについて知ろう

この章ではbreakについて説明します。 breakはforやwhileなどと一緒に使います。 forやwhileの中で「ある条件下に達した時」にbreakを使ってforやwhileを抜けることができます。 つまり、現在行っている繰り返し作業を強制的に終了させます。 では例をみてみましょう。 for文のブロックの中にi...

if文で星座を判定しよう

if文で星座を判定しよう

この章ではif文で星座を判定します。このプログラムの中にあるif文は入れ子になっていますので、このif文の入れ子について説明していきます。 長いプログラムですが、if文が連続しているだけです。 では前から説明していきます。 この箇所ではユーザーに誕生日の月と日を入力させています。 つまり、以下の赤枠の箇所のようにユーザ...

Return Top