Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

関数について知ろう3

広告

この章では関数の定義の3つ目である「関数リテラルで定義」について説明します。
初めに先ほど説明した「関数の定義の基本構文1」で作成した例を見てみましょう。11 これを「関数リテラルで関数を定義」する方法で書き直してみると以下のようになります。11 関数はデータ型であり、配列リテラルと同じように関数も関数リテラルで記述することが出来ます。1 この形式で書いた関数は無名関数と呼ばれています。
注意する点としては関数の定義は例のように呼び出しより前に書いてください。
つまり、以下のコードはエラーです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top