Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

オブジェクトリテラルについて知ろう

広告

この章ではオブジェクトリテラルについて説明します。
オブジェクトリテラルは配列と似たところがありまして、データをまとめて管理することが出来ます。
配列はデータに順序がありましたが(添え字が0から始まっていました), オブジェクトリテラルは順番は決まっていません。
オブジェクトの要素はプロパティと呼ばれています。
プロパティとはオブジェクトが持つ情報のことです。
例えば「cats」というプロパティに猫というデータを入れると
catsプロパティは猫というデータを持っていることになります。
オブジェクトの作成方法は2種類あります。111
まず初めに基本構文1の例から見てみましょう。1 初めに1と言う形式でオブジェクトを作成します。
この例では1の箇所です。
その後は以下の形式でプロパティにデータを入れます。1 この例では1とデータを入れています。
もしくは以下の形式でプロパティにデータを入れます。
オブジェクト名とプロパティの間には1が必要です。1 この例では1とデータを入れています。
データを出力したい時はdocument.writeなどの引数に
「オブジェクト名[プロパティ]」
もしくは
「オブジェクト名.プロパティ」
という形式で指定します。
例えば1のように記述しますと「ウサギ」が出力されます。

次は基本構文2の例を見てみましょう。1 1この例では以下の箇所です。1 データを追加する場合には基本構文1と同じです。
データを出力する方法も基本構文1と同じです。

次はプロパティの値に関数を設置した例について説明します。1 以下のようにプロパティの値に関数を入れることが出来ます。1 そして、関数の中身を出力するには1 という形式で書きます。
この例では1を出力すると1を出力します。
1例えば1と書きますとrabbitプロパティが削除されます。
削除されたものを出力しようとすればundefinedが出力されます。

次はnewを使ったオブジェクトの作成方法について説明します。
11と書いても同じです。
では「new Object();」を使ってオブジェクトを作ります。11 を作成してから、データを入れていきます。
データの入れ方はこれまでの方法と同じです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top