Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Pythonで計算をしよう

Pythonで計算をしよう

この章ではPythonプログラムで計算する方法について説明します。 まず初めに数値型の計算から始めます。 では説明を始めます。 =>「数値+数値」と言う形式で足し算を行います。 結果は4です。 =>「数値-数値」と言う形式で引き算 を行います。 結果は2です。 =>「数値*数値」と言う形式で掛け算を行...

Rubyで計算しよう2

Rubyで計算しよう2

この章では複合演算子について説明します。 複合演算子とは文字通り、演算子を組み合わせて使用される演算子です。 例えば「a +=b」であればを組み合わせて使用していますが、と同じ意味になります。 意味はaとbの結果をaに入れると言う意味です。 その他にも以下のような形式がありますので覚えておいてください。 では例をみてみ...

複合演算子を知ろう

複合演算子を知ろう

この章では複合演算子について説明します。 算術演算子と 代入演算子を複合して使用しているので、複合演算子と呼ばれています。 例えばaとbという変数を足したものを再びaに代入する場合には通常であればと書かなくてはいけないところという形式で書くことが出来ます。 では例をみてみましょう。

複合演算子を知ろう

複合演算子を知ろう

この章では複合演算子について説明します。 複合演算子とは算術演算子と代入演算子が複合して結びついている演算子のことをいいます。 例えば本来と書かなくてはいけないところ、のように短縮して書くことが出来ます。 複合演算子はaとbを計算したものをaに代入すると言う意味です。 では例をみてみましょう。 number1+= 8;...

複合演算子を知ろう

複合演算子を知ろう

この章では複合演算子について説明します。 算術演算子と代入演算子を複合して使用しているので、複合演算子と呼ばれています。 例えば「a += b」は「a=a+b;」と同じなので、a と b を足したものを a へ代入しています。 では例をみてみましょう。

複合演算子を知ろう

複合演算子を知ろう

この章では複合演算子について説明します。 算術演算子」と代入演算子を複合して使用しているので、複合演算子と言います。 算術演算子は「+」などの演算子で、代入演算子は「=」です。 では例をみてみましょう。 「$a +=3;」はと同じ意味ですので、の結果は8です。 「$a -= 3;」はと同じ意味ですので、の結果は2です。...

Return Top