Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

配列のその他の作成方法を知ろう

広告

配列の作成方法は前の章で説明した方法だけではなく、他にも3つありますので、この章で説明します。
1つ目の配列の作成方法をみてみましょう。9 初めに9 と言う形式で配列の要素数を指定します。
つまり、いくつのデータを作るのかを指定します。
この例ではデータを2つ入れるので要素数を2にしています。
その次に以下のように配列にデータを2つ入れます。9 カラの配列を作ってから、後からデータを入れたい場合には9という形式でカラの配列を作成してから、その後にデータを入れていきます。9 結果は以下の通りです。9 次は2つ目の配列の作成方法をみてみましょう。9 「要素数とデータ」を同時に記述したい場合は9という形式で書きます。
その場合すべての要素に同じデータ(この例の場合は猫)が入ることになります。
結果は以下の通りです。9
次は3つ目の配列の作成方法をみてみましょう。99 と言う形式で配列を作成します。
この例では紙面の都合で配列の要素を2行で書いています。
結果は以下の通りです。99 99という構文で配列の複製を作成することが出来ます。
この例の場合にはanimalを複製してanimal5という新たな配列を作成しています。
結果は以下の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top