Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

構造体について知ろう

広告

この章では構造体について説明します。
構造体はバラバラの異なる型のデータを持つ複数の変数を1つの型として扱うことが出来ます。
それに対して配列は単一のデータ型しかまとめて扱う事はできません。
例えば、学生の情報をデータに残したい時に、成績はint型,身長はdouble型,名前はchar型など様々なデータ型を1つにまとめて扱いたい時に構造体は便利です。1 構造体型を宣言する時はstructを使います。
構造体の中には変数、メソッド、プロパティ、コンストラクタなどを書くことが出来ます。
しかしデストラクタは書けません。
では例をみてみましょう。111 構造体を基本構文の通り1のように作って、そのブロックの中に変数やメソッドなどを記述します。
変数やメソッドにアクセスするにはMainメソッドの中で1と宣言してから、1という形式で値を代入します。
構造体のメソッドに値を渡す場合には1という形式でデータを渡します。
引数は省略できます。1 1結果は以下の通りです。1 次は構造体にコンストラクタを使用した例です。1111 構造体でコンストラクタを使うためにはnewが必要です。1 この例では1です。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top