Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ユーザーに文字を入力させる方法

広告

この章ではユーザーにキーボードから入力させる方法について説明します。
この方法もC言語で使われていますがC++でも使えるので説明をします。
では例をみてみましょう。1 1gets(配列名);は文字列と文字列の間に空白を入れることが出来ます。
例えば,「dog cats」のようにdog とcatsの間に空白を入れて複数入力することが出来ます。
例えば以下のように出力されます。1 この後に説明するscanfでは1のように空白を文字列に入れることはできません。
scanfについては説明しましたが、復習のつもりでもう一度説明します。
scanfはエンターキーを押すまで入力することが可能になります。
では例をみてみましょう。1 結果は以下の通りです。11 1111scanfの中の文字を入れる配列は複数書くことが出来ます。
この例ではxとsの2つを設定しています。
その場合にはそれぞれの配列をカンマで区切ります。1 結果は以下の通りです。1 もう一つユーザーにキーボードから入力させる方法があります。1 入力演算子「>>」を使うことでもユーザーにキーボードからの入力をさせることが出来ます。1 ユーザーが入力したデータは1の中の変数nに入ります。
その後、1で変数nを出力しています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top