Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

scanf関数ついて知ろう

広告

この章ではscanf関数について説明します。
scanf関数はC言語で使われている関数ですがC++でも使えるので紹介します。
scanf関数はユーザーがキーボードから入力したデータを取得するための関数です。
例えば「あなたの年齢は?」と質問するとプログラムはユーザーが入力するまで待ちます。
そして、この入力された年齢をプログラムに取り込むことが出来ます。
では例をみてみましょう。11 ユーザーが入力したデータを入れるための変数の宣言をします。
年齢を入力するので、型はintにします。1 「年齢は?」を出力します。1 scanf関数はユーザーが年齢を入力してくれるのを待ちますので、一回プログラムが止まります。
そして、例えばユーザーが23と入力したのならば、その23がaに入ります。
scanfもprintfと同じように変換指定子を指定します。
例の場合は整数なので1を指定しています。
ここで注意してほしいことはscanfの中の変数の前に「&」を付けてください。1 結果は以下の通りです。111 結果は以下の通りです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top