Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

while文について知ろう

広告

この章ではwhile文について説明します。
while文はfor文と同じく、条件式がTRUEの場合は何度でも繰り返し文を実行します。1 では例をみてみましょう。1 順を追って説明しましょう。
〇初めにiに初期値1を代入します。
while( i < 6 )の条件式をif文と同じようにTRUEかFALSEで判定します。
もし条件部分がTRUEであるならば、1を実行します。
FALSEであるならば1は実行されません。
1周目のiは1で6未満なので1を実行して、1を出力します。
そしてi++の箇所で1を加えてiは2になります。

〇 2周目のiは上の1番で1が足されているので2になっていますが、次に1の条件判定に入ります。
2は6未満なのでTRUEになり、1を実行して、2を出力します。
そしてi++の箇所で1を加えiは3になります。

〇 3周目のiは上の2番で1が足されているので3になっていますが、次に1の条件判定に入ります。
3は6未満なのでTRUEになり、1を実行して、3を出力します。
そしてi++の箇所で1を加えiは4になります。

〇 4周目のiは上の3番で1が足されているので4になっていますが、次に1の条件判定に入ります。
4は6未満なのでTRUEになり、1を実行して、4を出力します。
そしてi++の箇所で1を加えiは5になります。

〇 5周目のiは上の4番で1が足されているので5になっていますが、次に1の条件判定に入ります。
5は6未満なのでTRUEになり、1を実行して、5を出力します。
そしてi++の箇所で1を加えiは6になります。

〇 6周目のiは上の5番で1が足されているので6になっていますが、1の条件判定でfalseになるため、ここで処理を終了します。
このように1の部分がFALSEになるまで繰り返します。
つまり変数iが6以上になりましたらwhile文を終了します。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top