Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文で星座を判定しよう

広告

この章ではif文の応用で星座の判定プログラムを作ります。
長いプログラムですが、ifが連続しているだけです(クリックすると拡大します)。
1111 111初めに$Monthに入っている値をチェックして、その数字に一致するif文の箇所に入ります。この例ですと$Monthは1なので、以下のif文に入ります。
11月ですと、水瓶座と山羊座の2つの星座があるので、これをさらに入れ子のif文で分別して、星座を求めています。
$Dayの値が範囲以外の数値であれば1が出力されます。
また、$Monthの値が12を超えた数値ですと以下の1が出力されます。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top