Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

モジュールについて知ろう

広告

この章ではモジュールについて説明します。
モジュールは「メソッドをひとまとめにしたもの」です。
クラスはインスタンス変数やメソッドをまとめたものですが、モジュールはメソッドをまとめたものです。
モジュールの基本構文は次の通りです。99 〇モジュール名の先頭は大文字で始めなくてはいけません。
〇モジュールの中にはメソッドや定数を入れることが出来ます。
〇また、モジュールはオブジェクトも継承も作ることはできません。
では例をみてみましょう。99 モジュールの中のメソッドを通常のメソッドのように実行するにはモジュール内のメソッドを9を使用して、モジュールのメソッドとして設定します。
それが以下の箇所です。9 モジュールのメソッドを実行するには9と指定しますが、それが以下の箇所です。9 結果は以下の通りです。99 9次はクラスの中でモジュールをincludeする例です。99 クラスの中や任意の場所にモジュールを入れ込むには前の例で説明した通り9という形式で書きます。9 以下の赤枠の箇所がTestクラスの中でZeiModuleモジュールを取り入れている箇所です。9 以下のようにTestクラスの中のresultメソッドを呼び出すことで、ZeiModuleモジュールの中のshouhizeiメソッドを呼び出しています。
test.result(150000);
結果は以下の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top