Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

論理演算子を使ってみよう

広告

論理演算子を使うことで複雑な条件式を記述することが可能になります。
論理演算子を挟んだ左辺と右辺には関係演算子を使った条件式などを記述します。9 「&&」と同じ働きをする演算子に「and」がありますが、この演算子は「&&」よりも 優先順位の低い演算子です。
優先順位の説明は後ほどします。
「||」と同じ働きをする演算子にorがありますが、この演算子は「||」よりも 優先順位の低い演算子です。
では例をみてみましょう。9 結果は以下の通りです。9 &&の右辺も左辺も条件を満たしている場合のみtrueになるので、この例の場合は両辺とも条件を満たしているのでtrueになります。
では次の例をみてみましょう。9 結果は以下の通りです。9 「||演算子」の場合は右辺か左辺のどちらかの条件式がtrueの場合にtrueとなります。
この例では左辺は条件を満たしているけど、右辺は条件を満たしていませんが全体はtrueになります。
では次の例をみてみましょう。9 「!」は否定を表します。
条件式がtrueではない時にif文が実行されるので、この例ではif文が実行されます。
結果は次の通りです。9 では論理演算子の優先順位とは何かを説明します。
論理演算子には順位がありまして、9の方がandやorよりも優先度が高いのです。
優先順位が高いとはその演算子から先に実行されると言うことです。
では次の例をみてみましょう。9 「and」より「||」の方が優先順位が高いので結びつきは以下のカッコのようになります。
優先順位が高い方が先に判断されます。9 以下のようにand同士が結ぶ付くわけではありません。
これが優先順位の意味です。9 結果は以下の通りです。9

99

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top