Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ハッシュのその他の作成方法を知ろう

広告

この章では様々なハッシュの作成方法について説明します。
ハッシュの書き方は以下の書き方以外にもありますので、次の例で説明します。9 では例をみてみましょう。9 基本構文は以下の通りですが、Hashのカッコの中に2種類の方法でキーと値を書くことができます。9 結果は以下の通りです。9 では次の例をみてみましょう。
要素の無いハッシュを作って後から値を入れることもできます。9 「Hash.new」というカラのハッシュを作成してから9のようにキーと値を指定してデータを入れていきます。
結果は以下の通りです。9 では次の例をみてみましょう。
キーが存在しない時にデフォルト値を設定する例です。9 9のように存在しないキーで出力しようとした時に9のようにデフォルト値を設定しておけばその値が出力されます。9 結果は以下の通りです。9 では次の例をみてみましょう。
次はキーを指定して、その値を出力させたくてもキーが存在しない場合に、9の中で指定した値を出力させたい時には以下のような形式で記述します。9 この構文で書くと例え指定したキーと値が無くても、そのキーと値が新たな要素としてハッシュに加わります。9 9のように存在しないキーを指定した場合はデフォルト値が出力されますが、この例の場合は20です。
例えキーが存在しなくてもハッシュに新しいキーと値として追加されているのがデバック用のpで出力すると分かります。
結果は以下の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top