Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

for文の中でcontinueを使おう

広告

この章ではcontinueの使い方について説明します。
continueは現在進行している周回を抜けても、ループ自体は続けたい場合に使います。
では例をみてみましょう。11実行結果は以下の通りです。
「1つのリンゴ2つのリンゴ3つのリンゴ5つのリンゴ」
if(i==k)の条件がtrueの場合、下の行にある1を実行することなく、forの先頭に戻ります。
つまり、例の場合は「4つのリンゴ」という文を出力しません。
そして、iとkがイコールになったのならばforの先頭に戻って、1でループを続けるかどうかを決めますが、5はまだtrueなので「5つのリンゴ」を出力します。
breakと違いループ自体を止めることはしません。

次はラベル付きのcontinueについて説明します。
では例をみてみましょう。11 結果は「035679」です。
これはラベル付きのbreakと構造は同じです。
「ある条件になったら周回を抜けたいと思う箇所」に1と記述してください
(例の場合は「continue A;」)
次に抜けたいところに1と言う形式で記述すると、そこまで実行位置を移すことが出来ます。
(この例の場合はA:)
ラベル名は変数名と同じ規則で自由に付けることが出来ます。
この例の場合はcが8になった時にcontinue でAのあるところまで実行位置が移るので、1 が実行されないのはiが1の時と2の時と4の時と8の時になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top