Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

配列について知ろう

広告

この章では配列について説明します。
普通の変数は1つしかデータを入れることができません(他のデータを入れようとするとデータが上書きされてしまう)が、配列は複数のデータをまとめて入れることができます。
複数のデータを扱う場合、普通の変数では以下のように別々の変数名でそれぞれのデータを入れなければいけませんが、配列を使うと1つの変数名で複数のデータを入れることができます。1 同じ目的で使用するデータは1つにまとめてしまい、1つの変数名で複数のデータを管理できると便利です。
このような時に配列を使用します。
では例をみてみましょう。111 配列の基本構文をみてみましょう。1 [ データ1, データ2,データ3 … ]の部分を配列リテラルと言います。
この例では紙面の都合で配列を2行で書いていますが1行で書いてもいいです。
この例では数字と文字列が混在した1 という4つの要素を持ったperson配列を作成しています。
この他にも配列リテラルには数字だけの1 という形式、
文字列だけの1 という形式など様々な形式で書くことが出来ます。
まだ何も入れたいデータが決まっていないのならば1 のようにカラの要素で配列を作ってから,後で要素を入れていくということも可能です(これは次の例文で説明します)。

次に配列にデータを入れる方法について説明します。1 [ ]の中に入っている数値を添え字またはインデックスと言います。
添え字とは配列に入っているデータがどこに保管されているのかを管理する番号です。
例えばコインロッカーに荷物を預ける場合、必ずロッカーには番号が振ってあります。
この番号があるからこそ、自分の荷物がどこにあるのかが分かるわけですが、添え字も同じ考えです。
つまり、添え字で配列のデータがどこに保管されているのかを管理します。
この例の配列の1番前の添え字0には1が入っていて、配列の前から2番目の添え字1には1が入っていて、配列の前から3番目の添え字2には1が入っていて、配列の前から4番目の添え字3には1が入っています。1 添え字は0から順番に番号が付けられていきます。
1から数えるのではないので注意してください。
もう一度繰り返します。
配列の1番前、つまり1には1という要素が入っていて、配列の前から2番目、つまり1には1という要素が入っていて、配列の前から3番目、つまり1には1という要素が入っていて、配列の前から4番目、つまり1には1という要素が入っています。
そして、5番目の要素として1のように要素を代入しています。
このように後からでも配列に対してデータを追加することが出来ます。
つまり、例の配列は1 と同じ意味になります。
補足ですが、この例での添え字の最大値は4です。
つまり、この例の配列の要素数である5と添え字の最後の添え字である4は1つのずれがあるので注意してください(添え字は0から数えるので当たり前ですが)。

次は配列の要素を出力する方法について説明します。
「配列名[添え字] 」という構文で1などで出力すると添え字で指定した配列の要素を出力できます。
例えば
document.write(person[3]);1に入っている要素である234を出力します。
document.write(person[4]);1に入っている要素である島田を出力します。
次の例はカラの配列を作ってから、要素をそれぞれ代入しています。1 初めに、var person=[];のように要素が入っていないカラの要素を作ります。
それから、以下のようにそれぞれデータを入れていきます。1 結果は初めの例と同じです。
最後に3点補足します
①配列の要素には変数も指定することが出来ます。1
②次の例のように要素が4つしかない配列に、添え字が8の要素に対してデータを代入したらどうなるでしょうか?1 「person[8]=”島田”;」で添え字8の要素に1を代入することで、9つの要素を持つ配列が作成されたことになります。
では添え字が4から7の要素はどうなるでしょうか?
例を実行してもらうと解りますが、undefinedが出力されます。
undefinedは未定義値と言う意味です。
結果は以下の通りです。1
③次は先ほどとは違う形式で配列を作成します。
Arrayクラスのオブジェクトを使います。
オブジェクトの意味はまだ説明していないので、形だけ覚えてください。
Arrayクラスのオブジェクトで配列を作成する基本構文は3つあります。1
では1のパターンから説明します。1 では説明を始めます。
初めに1のようにカラの要素を持つ配列を作ります。
(var person=[];と同じ)
後はperson[0]=”芥川”;のようにデータを入れていきます。

次は2のパターンです。1 配列の要素を5個作成するので1と記述しています。
つまり、カッコの中の数値は配列の要素数を入れます。
後は1のパターンと同じようにデータを入れていきます。

次は3のパターンです。1 この形式では以下のように直接1の中に要素を書き込んでいきます。1 これは以下の配列と同じ意味です。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top