Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

クラスについての雑学を知ろう

広告

「標準クラスについて知ろう」の章で「標準クラス」のMathクラスについて説明しましたが、このクラスはjavaの内部機能として初めから装備されているクラスです。
MathクラスのメソッドもMathクラスで機能が装備されているから、使用できるわけです。
JavaTM Platform Standard Edition 6 APIにはすべての標準クラスのメソッドやフィールドについての詳細が掲載されています。
以下のURLがJavaTM Platform Standard Edition 6 APIのサイトです。1 クラスを検索するには初めにCtrlを押しながらFキーを押します。
そうすると検索窓が現れますので、ここに例えばMathと入れると左端にヒットした部分だけ色が変わるので、ここをクリックすると具体的な説明を見ることが出来ます。11 例えばMath.randomについては学習済みですが、このメソッドの使い方が分からなければJavaTM Platform Standard Edition 6 APIで検索をすると以下の通りに説明が書いてあります。1 このMathクラスにはrandomメソッド以外にもたくさんのメソッドがありますので、調べてみてください。
どんなにJavaに精通したプログラマでもすべてのメソッドを覚えているわけではないので、分からない時にはこのサイトを参考にしています。

次はObjectクラスについて説明します。
Objectクラスはすべてのクラスの親クラスになりますので、他のクラスは自由にObjectクラスのメソッドなどを使用することが出来ます。
toStringメソッドについては説明しましたが、これはObjectクラスのメソッドになりますので、すべてのクラスで使用することができます。
JavaTM Platform Standard Edition 6 API で toStringメソッドを調べると以下のような説明を探すことが出来ます。1 Objectクラスは以下のようなメソッドを使うことが出来ますので、JavaTM Platform, Standard Edition 6 APIの中で「Object」と検索をして参考にしてください。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top