Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

標準ライブラリ関数について知ろう

広告

この章では標準ライブラリ関数について説明します。
C言語には多くの標準ライブラリ関数があります。
標準ライブラリとは関数などが定義されているファイルです。
例えば文字列の長さを計る関数や文字列を比較する関数などがあります。
今回はその一部を紹介します。11 getchar関数はキーボードから1文字入力させる関数です。
入力文字を入れる変数はint型で宣言をします。
この例(isalnum)の結果は以下の通りです。111 この例(isalpha)の結果は以下の通りです。111 この例ではfor文の条件式が1になるまで大文字を小文字に変換します。
この例(tolower)の結果は以下の通りです。111 この例ではfor文の条件式が1になるまで大文字を小文字に変換します。
この例(toupper)の結果は以下の通りです。11 指定された値を切り上げる関数です(小数点以下を切り上げて整数を取り出します)。
元の数字よりも大きい数を戻り値として返します。1この例(ceil)の結果は以下の通りです。11 指定された値を小数点以下で切り捨てる関数(端数を切り捨てる)です。
元の数字よりも小さい数を返り値として返します。
先頭で1を宣言してください。1 この例(floor)の結果は以下の通りです。111この例(strlen)の結果は以下の通りです。111 この例(strcmp)の結果は以下の通りです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top