Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

キャスト演算子について知ろう

広告

この章ではキャスト演算子について説明します。
型が違う変数同士の計算の場合にはサイズが大きい型に自動的に型変換されていましたが、自身で型変換をする方法もあります。
それはキャスト演算子を使う方法です。
では初めにキャスト演算子を使わない例をみてみましょう。1 結果は「3.000000」になります。
算数の計算では答えは3.25になりますが、int同士の計算なので、小数点以下が削除されてから、double型の変数eに代入されます。
これでは正確な計算は出来ませんね。
そこで変数の前に1を付けることで、その指定した型に換えることが出来ます。1 結果は「3.250000」となり、正確に計算できます。
この例の場合は以下のように両方ともキャストしていますが実は両方ともキャストする必要はありません。1 doubleのほうがintより大きい型なのでfとvの片方だけdoubleにキャストすることで、もう片方の変数もdoubleに変換されます。
つまり1のように片方でも同じ結果になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top