Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

for文を入れ子にしよう

広告

この章ではfor文の応用でfor文のネストについて説明します。
ネストとはfor文の中にfor文を入れると言うことです。
では例をみてみましょう。1 for文のネストは複雑なので順を追って説明します。
①$iに1を代入します。
②「$i<=3」の条件式を判定しますがここがTRUEなので1 が3回実行されて
1掛ける1=1
1掛ける2=2
1掛ける3=3
と出力されます。
つまり、最初は$iには1が入っているので、print文の中の$iには1が入ります。
1には1から3までが、順番に代入されます。
つまり、外側のfor文が1周するごとに、中のfor文は3周しています。1 ③次に$i++の箇所で$iに1を足し、$iは2になります。
④そして条件式の判定に入りますが、2回目のループではまだ$iは2なのでTRUEということになり、1 が3回実行されて
2掛ける1=2
2掛ける2=4
2掛ける3=6
と出力されます。
⑤次に$i++に戻り$iに1を足します。
そこで$iは3になります。
⑥そして条件式の判定に入りますが、3回目のループではまだ$iは3なので,TRUEということになり、1 が3回実行されて 
3掛ける1=3
3掛ける2=6
3掛ける3=9
と出力されます。
⑦次に$i++に戻り$iに1を足します。
そこで$iは4になります。
⑧そして条件式の判定に入りますが、$iは4で3以下ではないのでFALSEとなり、ここでループは終わりになります。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top