Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

while文を知ろう

広告

この章ではwhile文について説明します。
何回も同じ処理(ループ)を実行する必要があるときにwhile文を使えば簡単に出力することができます。
同じような処理を何度も繰り返すプログラムを書く場合、以下のように何度も同じ処理を書くのは面倒ですし、間違いも多くなりがちです。
そこでwhileを使うと簡潔に書くことが出来ます。
11while文は条件式がTRUEの間は繰り返しを行いますが、FALSEの場合には繰り返しを終了します。
if文の時に条件式の判定を行いましたが、while文の条件式の判定も考え方は同じです。
では例をみてみましょう。
11ではwhile文の流れを説明します。
初めにwhileが実行される時に条件式がTRUEかFALSEかをチェックします。
TRUEである場合、whileの中身が実行されます。
FALSEである場合、whileの中身は実行されません。
whileは条件式がTRUEである限り何度でも中身を実行します。
1while( $i < 4)の条件式をif文と同じようにTRUEかFALSEで判定します。
1は4未満でTRUEですので1を実行して、1を出力します。
FALSEであるならば何も出力されません。
111111もし、$i++がないとどうなると思いますか?
答えは無限ループと言いまして、1の条件部分が永遠に4以下にならないので無限に繰り返しを実行しますので気を付けてください。
次の例をみてみましょう。
1whileと前の章で説明したeach関数を組み合わせることによって、ハッシュのすべての要素を取り出すことが出来ます。
1以下の図のようにキーと値が順番に出力されていきます。1

1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top