Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ディクショナリの要素を削除しよう

広告

この章ではディクショナリの要素を削除する方法を4つ紹介します。9 ディクショナリの指定した要素を削除するには以下の構文(del)を使います。9 この例ではキーに9を指定していますが、これにより9のペアは削除されます。
結果は次の通りです。9
では以下の例で2つ目の方法を紹介します。9 すべての要素を削除したい場合は以下の構文(clear)を使います。9 clearメソッドはすべての要素を削除する機能があります。
結果は次の通りです。9

では以下の例で3つ目の方法を紹介します。9 ディクショナリの中の指定した要素を削除したい場合は以下の構文(pop)を使います。9 この例ではpopメソッドの引数に9を指定していますが、これにより9のペアは削除されます。
削除した値を受け取りたい場合はaのような変数を用意して、受け取ることが出来ます。
この例のaには削除した値である34が代入されています。
結果は次の通りです。9
では次の例をみてみましょう。9 popメソッドで削除する予定のキーを指定したにも関わらず、そのキーが存在しない場合はカンマで区切った2つ目の引数(第2引数)で 指定した値を返すことが出来ます。9 この例では9というキーは存在しないので、aには98が入ります。
結果は98です。
では以下の例で4つ目の方法を紹介します。
次はディクショナリの任意の要素を削除する方法について説明します
では例をみてみましょう。9 ディクショナリの任意の要素を削除するには以下の構文(popitem)を使います。 9 popitemメソッドはランダムに要素を削除する機能があります。
つまり、削除される要素はランダムに決定されるので、どれが削除されるかわかりません。
結果は9が削除されましたので以下の通りです。9 popitemで削除した要素を受け取りたい場合はタプルで受け取ることが出来ますので、次の例で説明します。9 タプルであるaで削除したものを受け取っています。
結果はタプル形式で取得できます。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top