Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

Hashクラスについて知ろう

広告

この章ではHash(ハッシュ)クラスについて説明します。
Hash(ハッシュ)クラスにはハッシュに対して様々な操作をすることが出来るメソッドなどが多数あります。
初めにハッシュが指定したキーを持っているかどうかを調べるkey?メソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。9 9もし、そのキーが存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「そのキーは存在します」です。

次にkey?メソッドと同じ働きをするhas_key?メソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。9 9もし、そのキーが存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「そのキーは存在します」です。
次にkey?メソッドと同じ働きをするinclude?メソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。99 もし、そのキーが存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「そのキーは存在します」です。

次にkey?メソッドと同じ働きをするmember?メソッドについて次に説明します。
では例をみてみましょう。99 もし、そのキーが存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「そのキーは存在します」です。
次にハッシュが指定した値を持っているかどうかを調べるvalue?メソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。99 もし、その値が存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「その値は存在します」です。

次にvalue?メソッドと同じ働きをするhas_value?メソッドについて説明します。
使い方はvalue?メソッドと同じです。
では例をみてみましょう。99 もし、その値が存在しているならばtrue、存在していないのならばfalseを返します。
結果は「その値は存在します」です。

次にハッシュに要素が存在するかどうかを確認するempty?メソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。99 もし、ハッシュに要素が存在しているならばfalse、存在していないのならばtrueを返します。
結果は「要素があります」です。

次にハッシュのキーを探し出して、そのキーと値を削除するdeleteメソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。
999 指定したハッシュのキーとその値を削除します。
この例ではdeleteメソッドで9を削除したので、key?メソッドで調べても存在しません。

次にハッシュのすべての要素を削除するclearメソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。99 ハッシュのすべての要素を削除します。
結果は「{}」です。つまりカラです。
次にハッシュの中から指定したキーと同じ要素を探し出して、見つかったのならばその要素の配列を作成するassocメソッドについて説明します。
基本構文は以下の通りです。9 では例をみてみましょう。9 9

次にハッシュの要素を他の要素に置き替えるreplaceメソッドについて説明します。
では例をみてみましょう。99 元のハッシュの要素を新たなハッシュの要素に置き替えます。
結果は9です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top