Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

クラスメソッドについて知ろう

広告

この章ではクラスメソッドについて説明します。
クラスメソッドの前にクラス変数について説明します。
変数名の前に@@が付いた変数はクラス変数と呼ばれています。
クラス変数はインスタンス変数のようなオブジェクトに属する変数と違ってクラスに属している変数です。
クラスメソッドはインスタンスメソッドと違ってクラスから直接呼び出されるメソッドです。
クラスメソッドはオブジェクトを作成しなくてもクラスメソッドを使うことができます。
クラス変数は次の章で説明しますので、この章ではクラスメソッドの説明をします。
では例をみてみましょう。999
では説明を始めます。
クラスメソッドの構文は以下の通りです。9 クラスメソッドの特徴はクラスから直接メソッドを呼び出せることです。
つまり、newでオブジェクトを作成しなくてもメソッドが呼び出せます。
クラスメソッドは9という構文で作成します。9 クラスメソッドを呼び出すには9 のように9と言う形式で書きます。

結果は「10900」です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top