Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

loop doとbreakについて知ろう

広告

この章では無限に繰り返しを行うloopについて説明します。
loop doはそのまま何も条件付けを行わないと無限に中身を繰り返します(whileみたいに条件判断する箇所がありません)。
条件づけにはifなどを使うのですが、その中でbreakを指定します。
breakとはループを強制的に終了させる意味を持っています。
では例を見てみましょう。9 9aが5になったらbreakを実行します。
aが5になっていなければif文は実行しませんので9を実行して、9の箇所でaに1を足します。
そしてまたloop doの先頭に戻ります。
breakとはループを強制的に終了させる意味を持っていますので、aと5がイコールになったらループを抜けます。
breakで抜けた後は、それ以降の文は実行されません。
結果は「猫」を5回出力させます。9
次の例ではeachの中でbreakを使っています。9 この例ではaが5になったらbreakするので、5は出力しません。
結果は以下の通りです。9 このようにbreak文はeach,while,until,forなどの繰り返し文の中で「ある条件」に当てはまった時に、その繰り返し文を終了させるために使用します。
「ある条件」とはこの例の場合に9はです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top