Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

Rubyで計算しよう1

広告

この章では数値オブジェクトの計算について説明します。
数値オブジェクトは整数と浮動小数点数のことを言います。
整数は10進数、8進数、16進数などで表せますが、10進数は1,2などの我々が普段使っている数字です。
8進数は先頭に「0」を付けて028などと書きます、16進数は先頭に「0x」を付けて0x41などと表現します。
浮動小数点数は「3.2」などの小数点を持った数値です。
では例をみてみましょう。999 では説明していきます。999 では次の例をみてみましょう。99 結果は以下の通りです。9 では説明をしていきます。9 =>浮動小数点数同士の計算を行っています。

9 =>足し算や引き算より掛け算や割り算を先に計算します。
どうしても足し算や引き算の方から計算したい場合は9のようにカッコで囲ってください。

9 =>足し算や引き算しかない場合は前から計算します。

9 =>**は割り算や掛け算より先に計算されますので、当然足し算や引き算より先に計算します。

9
=>浮動小数点数と整数の計算の結果は浮動小数点数になります。

9 =>これは整数同士の計算なので結果も整数です。
この場合、小数点以下は切り捨てられるので正確な計算は出来ません。

9 =>浮動小数点数と整数の割り算の計算の結果は小数点まで求めることが出来ますので、正確に計算することが出来ます。
次の例は数値を変数に入れてから計算を行っています。
このように変数同士の計算も行うことができます。99 結果は以下の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top