Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

変数について知ろう

広告

この章では変数について説明します。
変数とはオブジェクトを入れることが出来る入れ物です。
オブジェクトのことはまだ説明していないので、ここではデータと思ってください(例えば文字や数値などもデータです)。
例えば携帯電話やフロッピーディスクにデータを記憶すると持ち運びが出来ますが、この携帯電話やフロッピーディスクに相当するものが変数です。
では例をみてみましょう。9 後で詳しく説明しますが、nekoというデータをanimalという変数に入れて、print文で変数に入っているデータを出力しています。
このようにデータは変数に入れて、プログラム内で使っていきます。
結果は以下の通りです。9 このプログラムの中のanimalが変数ですが、以下で変数の特徴について説明します。99 先頭には@ や@@を使用することができますが、これらには意味がありますので、「クラスについて知ろう」の章で説明します。99 予約語とはあらかじめRubyで定義済みの文字です。
例えば、「if」でしたら9というRubyの内部機構で初めから装備されている機能ですので、使用することが出来ません。99 「=」を代入演算子と言います。
このように書くことでnekoと言うデータをanimalと言う変数に入れることができるわけです。
データを入れる行為を代入と言います。
そして、その変数に入っているデータを出力するのが先ほど説明したprintや putsです。
つまり、99になります。
変数に格納されているデータが使用されることを変数展開と言います。
9つまりデータを上書きできると言うことです。
その場合、前のデータも消えてしまいます。
では例をみてみましょう。9 nekoというデータは後から入れられたdogで上書きされます。
結果は以下の通りです。99 例えば 9のように9を入れないと以下のエラーが発生します。9 もう一つの書き方としては変数を9で囲みます。
その場合には9を入れる必要はありません。9 99animalを他の変数であるanimal2に入れていますので、animal2にもnekoが代入されています。
結果は以下の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top