Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

文字列を操作しよう

広告

この章では文字列を操作するメソッドについて説明します。
これまでは自身でメソッドを作成してきましたが、C#には初めから機能が定義されているメソッドが複数あります。1 =>CompareToメソッドは2つの文字列のデータを比べて、等しければ0を返し、aがbより大きければ0より大きい整数を返し、aがbより小さければ0より小さい値を返します。
では例をみてみましょう。11 この例ではaとbは等しいので、0が返ってきますので、結果は「等しい」が出力されます。1 =>IndexOfメソッドは文字列aの中から文字列bの位置を先頭から検索して、見つかった場合にはその文字列の位置番号を返します。
その文字列が見つからない場合には-1が返されます。1 =>LastIndexOfメソッドは文字列aの中から文字列bの位置を後ろから検索して、見つかった場合にはその文字列の位置番号を返します。
その文字列が見つからない場合には-1が返されます。
では例をみてみましょう。11111 =>Containsメソッドは文字列aの中に文字列bの文字列が含まれている場合には「TRUE」が返されます。
では例をみてみましょう。1111 =>IsNullOrEmptyメソッドは文字列がnullかどうか もしくは文字列に何も入っていないかどうかを調べるメソッドです。
nullもしくは文字列に何も入っていない場合にはTRUEを返します。
nullは何のデータもないと言う意味です。
カラの文字列を表現するにはダブルクォートを連続して2つ書きます。
では例をみてみましょう。11 結果はaには何も入っていないので「yes」が出力されます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top