Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

foreachの使い方

広告

この章ではforeachの使い方について説明します。
foreachは配列の要素をすべて取り出す機能を持っています。
foreachの構文は以下の通りです。1 では例をみてみましょう。1 配列の要素が順番に変数(この例の場合にはs)にセットされ1で出力されます。
以下の順番で配列の要素を出力します。1 for文で書き換えると以下のようになります。
配列の長さだけfor文を回すので条件式には1を指定しています。
「配列名.Length」で配列の要素数を取得できることを思い出してください。1 結果は以下の通りです。1 次の例では2次元配列のデータをforeachで取り出しています。11 2次元配列の要素のforeachでの取り出し方は通常の配列と同じです。
この例では1つ1つの要素に1を挟みながら出力しています。
結果は以下の通りです。1
次の例ではジャグ配列のデータをforeachで取り出しています。1111 1図式化すると以下の通りです。1 結果は以下の通りです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top