Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

エスケープシーケンスについて知ろう

広告

この章ではエスケープシーケンスについて説明します。
エスケープシーケンスとは、ダブルクォートやシングルクォートなど文字列として入力することが出来ない特殊な文字を1を使って表現します。
テキストディタによっては1という表記になっています。
シングルクォート内で使うことが出来るエスケープシーケンスは1だけです。
後はダブルクォートの中で使用します。1 では例をみてみましょう。
1と、ダブルクォートを含めて出力させたいと思って以下のように書いてもエラーが出ます。1 これはダブルクォートがPerlでは文字列を囲むという特殊な意味を持っているからです。
つまり、以下のようにダブルクォートの関係性を捉えているからです。
1
ですので、ダブルクォートを1として使いたい場合に1を入れます。1 このように1を入れればエラーにならないで1と、出力されます。
次の例をみてみましょう。1結果は以下のようにタブが挿入されます。1
次の例をみてみましょう。
PerlではHTMLのタグもprintで出力できるのですが、以下のようにHTMLの属性の値をダブルクォートで囲んでもエラーになります。1 なぜなら、ダブルクォートの対応関係を以下のようにPerlでは捉えているからです。
つまり1の部分は文字列なのに、ダブルクォートで囲まれていないと捉えているのです。1 ですので、以下の赤枠のダブルクォートを2015-05-02_224902でエスケープしてください。
これでPerlはこのダブルクォートはHTMLの値を囲んでいるのであって、Perlのダブルクォートとは関係ないと解釈してくれます。1 補足ですが、HTMLタグを出力するときには以下の枠の箇所を1から1に変えてください。1 次の例をみてみましょう。1 $catsの前に1が付いていますが、これで変数自体の機能がなくなって、ただの文字$に戻りますので結果は1になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top