Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

イベントについての他の書き方

広告

「様々なオブジェクトについて知ろう9」において、イベントを実行する方法について説明しましたが、この時にはHTMLのタグに直接イベントを設定しました。
この章ではJavaScriptのコードの中にイベントを書く方法について説明します。
では例をみてみましょう。111 JavaScriptのコードの中にイベントを書く方法は2つあります。1 この例ではwindowオブジェクトにonloadを設定しています。
これはbodyタグに対する設定です。
この例ではブラウザにページがロードされた時に起動します。
そして、getElementByIdで指定したidのあるタグに対してイベントを実行します。
これはHTMLの要素に対しての設定です。
この例の場合はonclickを使っているので、クリックした時にイベントが発生します。1 動きは基本構文1と同じです。
では例をみてみましょう。111 実行結果は例1と例2ともに以下の通りです。
「click」をクリックするとダイアログボックスが表示されます。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top