Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

エスケープシーケンスについて知ろう

広告

この章ではエスケープシーケンスについて説明します。
エスケープシーケンスとは、ダブルクォートやシングルクォートなど文字列として入力することが出来ない特殊な文字を1を使って表現します。
テキストエディタによっては1という表記になっています。1
では例を見てみましょう。
ダブルクォートで囲った中にさらにダブルクォートを入れてはいけません。
また、シングルクォートで囲った中にシングルクォートを入れてはいけません。
例えば以下の2つはエラーです。1 そのような場合は以下のように文字列の中にあるクォートとは逆のクォートで囲います。1 これを出力すると以下の通りです。1 もうひとつのエラーを回避する方法はエスケープ文字を使う方法です。
例えば以下のように「¥”」や「¥’」を使います。
これをエスケープ文字と言います。1 他にも「¥t」などのエスケープ文字があります。1 この例のように「¥t」を書くとその場所にタブを作ります。
この例の場合は出力した時に以下のようにダンスとダンスの間にタブを作ります。1 次の例もエスケープ文字を使った例です。1

1の中に1と言う文字がありますが、これもエスケープ文字です。
このエスケープ文字は文字列を改行します。
結果は以下の通りです。1 「¥n」が無ければ以下の通り改行されずに出力されます。1 エスケープ文字「¥n」は1で使用してください。
document.writelnの中で「¥n」を使っても改行されません。
ではdocument.writelnの中の文字列を好きな箇所で改行する場合はどうしたらいいでしょうか?方法は2つあります。
以下の例を見てください。11
2つ目の方法は以下のように出力する文の中の改行したい場所に1を付けます。1 以下のように¥nを使っても改行出来ませんので注意してください。1 結果は以下の通りです。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top