Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

パッケージについて知ろう

広告

この章ではパッケージについて説明します。
パッケージとはJavaにある多くのクラスを用途ごとに分類する仕組みのことです。
JavaTM Platform Standard Edition 6の左端を見ていただくと「パッケージ」という項目には多くのパッケージがあります。
例えば「java.io」というパッケージをクリックしますとそのパッケージに含まれるクラスやインターフェイスが表示されます。
つまり、パッケージとはクラスなどがまとまって入っている箱みたいなものです。
次に例えばその中の1をクリックしますと詳しい説明が表示されます。1 「メソッドを使って星座プログラムを作ろう」の例の先頭で1という記述がありますが、これはjava.ioパッケージをインポートするという意味があります。
つまり、パッケージを使用するには1という記述が必要です。
ですので、星座の例はBufferedReaderクラスを使っているので1という記述を入れています。1 1が付いていますが、これは1に含まれるすべてのインターフェイスやクラスを使用することができると言う意味です。
つまり、以下の1をクリックしたあとに下に表示されるクラスやインターフェイスなどをすべて使用できるという意味です。1 特にクラスを1つしか使わないのであれば1 とクラスを1つだけ指定して書いて頂いても結構です。
先ほど説明したパッケージはjavaで初めから作られているものですが、自身で作ったクラスファイルもパッケージにすることができます。
ある目的を持ったクラスやインターフェイスを同じパッケージにすることで「どこに何のクラス」があるかもわかりやすくなります。
パッケージの基本構文は以下の通りです。1 では例を見てみましょう。
111 FiveInARowクラスにはgameAというパッケージ名を付けて、GridクラスにはgameBというパッケージ名を付けました。
次にこのパッケージ用のフォルダをパッケージ名で作成します。
今までは1にファイルを置いていましたが、1の下に以下のようにフォルダを作成します。1 「C:¥java¥gameA」にはFiveInARowクラスを入れ、1にはGridクラスを入れます。
これで2つのパッケージが出来ましたが、FiveInARowクラスの中でGridクラスを使いたい場合には
FiveInARowクラスに1もしくは1と言う形式で1のように書きます。11 次に以下のように1という形式でそれぞれのファイルのコンパイルを行います。1 11class Gridからpublicを外すとパッケージ内のクラスからのみGridクラスにアクセスすることができるので、以下のように他のクラス内のmainメソッドの中でGridクラスのオブジェクトを作成することが出来なくなります。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top