Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

for文の中のbreakの使い方を知ろう

広告

この章ではfor文の中でif文を使うことと、さらにはfor文の中で強制的に繰り返し文を終了させるbreakについて説明します。
breakは、現在実行中の forやswitchなどの実行を強制的に終了させます。
では例をみてみましょう。1 結果は以下の通りです。
1つ
2つ
3つ
for文のブロックの中にif文が入っています。
このようにfor文にはif文を入れることが出来ます。
この例のif文の意味はbreakを使っているので、もしiが4になったらforループを抜けますよと言う意味です。
ですので、「4つ」を出力することなくループを終了します。
breakはこのように一連の流れを強制的に中止し、ブロックを抜ける時に使用します。breakをするとブロックの中のbreak以降の文は実行されません。

次はforの入れ子の中でbreakを使用する方法について説明します。111 上から2つ目のforの中でbreakを使っていますが、2つ目のforの中でbreakを使った場合、breakで抜けることができるのはbreakのあるfor文、つまり、上から2つ目のfor文だけです。
先頭のfor文は抜けることができないということです。
例の場合はfor文の中のif文の条件部分が3を超えたら、上から2つ目のfor文をbreakするのですが、breakした後はまた先頭の1に戻ってループを繰り返します。
1はif文でbreakしているので表示されません。
つまり、breakをするとブロックの中のbreak以降の文は実行されないと言うことです。
for文の入れ子の場合、内側のfor文の中にあるbreak文はbreak文があるfor文のブロックしか抜けませんが、次の例で一気に外側のブロックを抜ける方法について説明します。11 入れ子になったfor文から抜け出す場合には1という形式でbreak文に指定します。
この例では1の部分です。
ラベル名は特別の意味があるわけではなく、ただの名前ですので自由に決めてください。
次に抜けたいところに1を付けると、そこまで実行位置を移すことが出来ます。
この例では1に位置が移ります。1

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top