Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

Javaを始めよう

広告

Javaは1995年にSun Microsystems社が開発したプログラミング言語で、様々なアプリケーションで使われています。
Java とJavaScript は名前が似ていますが、まったく違う言語です。
Javaの特徴はオブジェクト指向のプログラミングが可能な言語です(オブジェクト指向については後ほど説明します)。
Javaのプログラムを出力するまでの大まかな流れを説明します。
何らかのプログラムを書いたと仮定して、そのプログラムが書かれたファイルをソースファイルと言います。
しかし、このままではプログラムは動きません。
動かすためにはコンパイルと言う作業が必要になります。
コンピュータはそのままではプログラムを理解することが出来ないので、理解できるようにプログラムを翻訳する作業を行わなくてはいけません。
この作業をコンパイルと言います。
そして、ソースファイルをコンパイルした結果出来るのが、クラスファイルです。そして、そのクラスファイルを実行すると結果を出力することが出来ます。
次にJavaでプログラムを行うための準備をします。
Javaのプログラムを書くためにはテキストエディタとJDKをインストールすることが必要です。
JDKとはJava Developers Kitの略でコンパイルを行ってくれるソフトウェアです。次の章からこの2つのソフトをインストールする方法について説明していきます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top