Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

加算子,減算子について知ろう

広告

この章では加算子,減算子について説明します。
加算子は数値を1つ増やし、減算子は数値を1つ減らす演算子です。
加算子は1減算子は1で表示します。
まだ説明していませんがfor文などの繰り返し構文等に主に使われます。
11では例をみてみましょう。11
初めに前置加算子から説明します。1「++$a」は1と同じことを意味しています。
つまり1を計算してから、左辺の$aに結果を代入して、echoで出力していますので、1の出力結果は1になります。
$aはこの時点で9に変化しているので、1の結果は1になります。
次は後置加算子について説明します
1初めに$a に代入されている8を1で出力しているので、結果は1となり、その後に$a に1を加えているので11を出力します。
つまり、後置加算子では初めに1を無視した状態で出力し、それから$aに1を加算します。
次は前置減算子について説明します。111と同じことを意味しています。
つまり1を計算してから、左辺の$aに結果を代入して、echoで出力していますので、1の出力結果は1になります。
$aはこの時点で7に変化しているので、1 の結果は1になります。
次は後置減算子について説明します。1 初めに$a に代入されている8を1で出力しているので、結果は1となり、その後に$a から1を引いているので11になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top