Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

if文について理解しよう。if文の基本構文3

広告

前章の「if文の基本構文2」の応用で、条件式が複数ある場合、つまり細かい条件を設定したい場合には1を使います。
基本構文1,基本構文2は条件に合うか合わないかを判断するのみのプログラムでしたが、1は条件式1がFALSEであるならば条件式2をチェックして、ここがTRUEの時に条件式2のブロックが実行されます。
条件式2がFALSEであるならば条件式3をチェックして、ここがTRUEの時に条件式3のブロックが実行されます。条件式3がFALSEであるならばelseのブロックが実行されます。11この構文ではelseif を2つしか書いていませんが、いくつでも指定することができます。
では例をみてみましょう。1 $aと$bは同じですので、1が実行されます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top