Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

定数について知ろう

広告

この章では定数について説明します。
定数とは、文字通り、変数のように値を変えることが出来ないデータを保持します。
つまり、格納された値は最後まで同じ値を保持しています。
そして、定数は変数みたいに値を上書きすることが出来ません。
例えば消費税の税率のように変えてはいけないデータを定数にしておけば、うっかり違う税率を入れてしまう間違いを無くすことが出来ます。
1111つまり、定数名の1文字目は
「アンダースコア(_)」
「aからz」「AからZ」
が使えますが、数字で始めることはできません。
では定数の例をみてみましょう。
1出力するときには1のように定数名をダブルクォートやシングルクォートで囲まないでください。
結果は「ワン」です。
次の例をみてみましょう。
1第 3引数(括弧の中にある前から3番目のデータ)にTRUE を指定すると、定数は大文字小文字を区別しないようになります。
TRUEを指定しないと大文字小文字を区別します。
上のように第3引数にTRUEを指定すると、出力するときに定数名を小文字で指定しても、大文字で指定してもどちらでも可能になります。
次の例をみてみましょう。1 1のように消費税率を定数に入れています。
その後に1の箇所で1の計算をして、その結果を$shouhizeiに代入しています。
結果は「50」です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top