Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

変数について知ろう

広告

この章では変数について説明します。
変数とは音楽を入れることが出来る音楽プレイヤーに似ています。
例えば音楽を聴くときには携帯電話などの入れ物に音楽を入れて持ち運びますが、この携帯電話に相当するものが変数です。
つまり、変数にデータを入れるとデータを運ぶことが出来ます。
では例で詳しく説明します。
1変数とはデータを入れることが出来る入れ物と言いましたが1が変数です。
1変数には名前を付けなくてはいけないのですが、bookが変数名です。
「$とbookが付いた形式」で初めて変数になります。
例では$bookと言う変数に1と言うデータを入れています。

次に変数へのデータの入れ方について説明します。
「$book=”洋書”;」に=と言う記号がありますが、これを代入演算子と言います。
数学のイコールとは関係ありません。
代入演算子は右辺のデータを左辺に入れる役割があります。
例で説明しますと$bookという変数に1というデータを入れるという意味です。
このデータを入れる行為を代入と言います。
文字列を変数の中に入れるにはダブルクォートもしくはシングルクォートで文字列を囲まなくてはいけません。
注意してほしいことはデータが入っている変数に他のデータを代入してしまうと後から代入したデータで上書きされますので注意してください。
例えばこの例では1の後に1と書いていますが、11で上書きされます。
変数に入っているデータを出力する方法についてはこの章の後半で説明します。

次は変数名を付け方について説明します。
この例では変数名にbookと付けましたが、名前を付ければ何でもいいという訳ではなく、一定のルールがあります。
1つ目は$の次の1文字目は数字で始めることはできません。
例えば$3bookという名前は付けることはできません。
2つ目は$の次の1文字目は11で始めます。
例えば$bookはbから始まっているので、有効です。
3つ目は$の次の次からは、111を使うことが出来ます。
4つ目は同じ文字でも大文字と小文字は全く別の変数になります。
つまり、$bookと$BOOKは全く違う変数になります。
5つ目は予約語を使うことができないことです。
予約語とはすでにPHPの機能で定義されている単語のことです。
次の予約語一覧を参考にしていただきたいのですが、今すぐすべてを覚える必要はありません。
変数名は入れるデータに関連した名前にしましょう。
例えば動物に関連している変数であれば$animalと名前を付けましょう。

1
次に変数のデータを出力する方法について説明します。
1この例ではprint文の中に変数を入れていますが、print文で変数を出力したい時にはダブルクォートの中に変数と文字列を一緒に入れます。
そして、変数だけを1で囲みます。
printで出力するときには1と言う文字列がそのまま出力されるのではありません。
ダブルクォートの中にある変数はその変数の中に入っているデータに置き換わります。
このことを1と呼びます。
つまり、最初のprint文の$bookには洋書というデータが入っているので1を出力します。
2つ目の$bookには和書というデータを入れていますが、これで洋書と言うデータは上書きされて和書に置き替わるので、結果は1になります。
ここでのポイントは変数に入れることが出来るデータは1つだけという事です。
この例では同じ変数である$bookにそれぞれ違うデータを入れていますが、前のデータは後から入れたデータで上書きされます。1 先ほどはprint文の中で変数を1で囲みましたが、別の書き方でも書く事が出来ます。
それは「{ }」の代わりに文字列演算子の1で文字列と変数を結合する方法です。
具体的には以下のように書きます。1111をそれぞれ1で連結しています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top