Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

正規表現を理解しよう

広告

この章では正規表現について説明します。
ショッピングサイトでお買い物をする時、電子メールや住所などの個人情報を入力しますが、電子メールや郵便番号などが正しく入力されているのかを調べる必要があります。
そのような時に正規表現を使います。
正規表現とは電子メールや郵便番号などの文字の並びをパターン化して、正規表現特有の記号で表現する1つの形式です。
[基本構文]1 構文の中の「パターン」に正規表現特有の記号を記述します。
正規表現特有の記号は1で囲みます。
文字列に対してパターンが一致するかどうかをチェックし、一致すればTRUEになり、一致しなければFALSEになります。
では例を見てみましょう。111 このように正規表現と言うのは文字などが正しく入力されているのかをチェックする機能を持っています。
電話番号が正しく入力されているのかなど簡単にチェックできますので、とても便利な機能です。111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
以下の例は正規表現を1に変更して、括弧を3つに増やしました(外側に括弧を増やしました)。1111文字列を正規表現のパターンで分割するsplit関数について説明します。
11次の例は第3引数を2に指定していますので、文字列を2つに分割します。1 結果は以下の通りです。
nakata
Japan,34
1この例は正規表現で指定したパターンにマッチした文字を指定した文字に置き換えますが、以下の構文を使っています。
11上の例でpenは2つありますが、初めに出てくるpenだけしか変換されませんが、以下のように1を指定することですべての文字列が対象になります。
1を指定すると大文字と小文字を区別しないで置換します。
11では次の例に進みます。
11111「tr/ / /」は文字を変換したり、削除するために使われます。
「s/ / /」と似た働きがありますが、違う働きがありますので、違いを説明します。11111111

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top