Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ハッシュについて知ろう

広告

この章ではハッシュについて説明します。
ハッシュは配列と似ていますが、普通の変数では1つしかデータを入れることができませんが、配列は複数のデータをまとめて入れることができます。
ハッシュも基本的な仕組みは同じです。
では配列とハッシュの違いは何でしょうか?
大きく違う点は配列は個々の要素を添え字で管理していましたが、ハッシュは文字列であるキーで個々の要素を管理します。
ハッシュを作成する方法は2種類ありますので、以下で説明します。1 基本構文1の例をみてみましょう(スペースの都合上ハッシュを2行で書いています)。1 基本構文2の例をみてみましょう。1 ではハッシュについて説明をします。
ハッシュは添え字の代わりにキーで要素を管理します。
キーとは1の箇所のことを言います。
値とは1の箇所のことを言います。
ハッシュはキーと値をペアで関連付けして記述します。
キーと値の関連付けは1という記号で行います。
つまり、1は紺野は34歳、水野は32歳、清水は13歳という意味で,キーと値はお互いに関連付けして記述します。
ハッシュの要素を取得する基本構文は1です。
この例の場合には1と書くことで34が出力されます。1 配列の場合にはリストの先頭から添え字が1と決められていました。
ハッシュの場合にはリストの中の要素は文字列であるキーで管理されているので、要素間には順番はありません。11

3
1つのハッシュの中で同じキーを重複して使ってはいけませんが、もし間違って重複して使用してしまうと後で記述した値が前に記述した値を上書きしてしまいますので注意してください。
値は重複していても問題ありません。1 すでにあるキーに対して1のように新たな値を代入すると古い要素の値である34が上書きされて、新たな値である14に置き替わること
になります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top