Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

ファイルを読み書きしよう

広告

この章ではファイルを読み書きする方法について説明します。
Pythonではプログラムでファイルを作成したり、ファイルの読み書きをすることが出来ます。9 初めにファイルの中身を読み込む方法について説明します。
pyファイルの他に「test.txt」を用意します。
ファイル名は自由に付けていただいて結構です。
では例をみてみましょう。9 結果は次の通りです。9 ファイルを開くにはopen関数が必要です。9 「モード」にはファイルをどのような状態で開くのかを指定します。
例えば「r」ですと、読み込み専用で開きます。
例では「test.txt」の中身を読み込みたいので、モードは「r」にしています。
モードは他にも以下の種類があります。
99999
次にファイルの内容の読み込み方法について説明します。
ファイルの内容を読み込むためのメソッドは3種類あります。
99例ではreadメソッドを使っていますが、このメソッドはファイルのすべての内容を読み込むので、9で読み込んだ内容を変数dに入れて、9で出力しますと「test.txt」の内容が出力されます。
そして、ファイルを開いたら、閉じなくてはいけないので、close関数で閉じます。9
次はreadlinesメソッドを使って、ファイルを読み込む方法について説明します。9 readlinesメソッドはファイルの内容すべてをリストとして返すので、9で出力すると9になります。
ファイルの行の終端には改行文字が付いているので、for文で出力する時には以下のように改行されて出力されます。9 この改行文字を取り除きたいのであればstripメソッドを使用します。
このstripメソッドは文字列の前や後の改行文字や空白、タブなどを取り除いてくれます。9 先ほどの例をstripメソッドを使って書き直すと以下の通りです。9 結果は以下の通り、改行文字が取れていることが分かります。9
次はreadlineメソッドを使ってファイルの内容を改行文字までの1行を読み込み、文字列を出力します。9 readlineメソッドはファイルの内容を改行文字までの1行を読み込みます。9 結果は次の通りです。9
次はファイルへ書き込む方法について説明します。9 指定ファイルに文字列を書き込むにはモードを9で指定します。9 ファイルに書き込むにはwriteメソッドの引数に文字列を指定してください。
ファイルの中で改行したい場合は9のように改行文字を使用します。
この例ではモードに「w」を指定しているので、ファイルの中身をカラにして書き込みます。
結果は以下のように「test.txt」が書き替えられます。9
もう一つファイルに書き込むメソッドがありますので、次の例で説明します。9 ファイルに書き込むにはwritelinesメソッドの引数に文字列、リスト、タプルなどを指定してください。
writeメソッドの引数にリスト、タプルを指定するとエラーになります。9 結果は以下の通り「test.txt」が書き替えられます。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top