Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/programminglanguage7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

continueについて知ろう

広告

この章ではcontinueについて説明します。
continueは for文などで使うのですが、現在進行している周回を抜けても、ループ自体は続けたい場合に使います。
breakの場合にはループ自体を抜けてしまいますので、それ以降の文は実行されませんが、continueの場合には現在進行している文だけを抜けるので、実行自体は続きます。
では例をみてみましょう。9 ①初めに0がiに代入されます。
②次にif文での条件式でiが2に なった時にtrueになりますが、iは0でfalseになりますので if文は実行されません。
9が実行され、「0つのリンゴ」が出力されます。
④ for文の先頭に戻り、1がiに代入されます。
⑤次にif文での条件式でiが2に なった時にtrueになりますが、iは1でfalseになりますので if文は実行されません。
9が実行され、「1つのリンゴ」が出力されます。
⑦ for文の先頭に戻り、2がiに代入されます。
⑧次にif文での条件式でiが2になった時に trueになりますが、この時点でiは2で trueになりますのでif文のcontinueが実行されます。
continueが実行されることにより、プログラムは先頭に戻るので、continueの後ろにある9は実行されません。
つまり、「2つのリンゴ」は出力されません。
breakですとここでfor文を抜けるのですが、continueは先頭に戻って、再び繰り返しを始めます。
⑨ for文の先頭に戻り、3がiに代入されます。
⑩次にif文での条件式でiが2になった時に trueになりますが、iは3で falseになりますのでif文は実行されません。
9が実行され、「3つのリンゴ」が出力されます。
結果は次の通りです。9

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top